葉酸はサプリで補える|ママの健康を保ち続けられますよ

妊娠中摂りたい栄養素

案内

乳製品は摂取しても大丈夫

元気な赤ちゃんを産むため、妊婦さんには積極的に摂ってほしい栄養素のひとつとしてカルシウムがあります。カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を形成するのにとても大切な栄養素で、不足してしまうと母体に蓄積されているカルシウムを赤ちゃんの方へ送られてしまうため、妊婦さんのカルシウムが足りなくなって骨や歯がもろくなってしまいます。乳製品に多く含まれるカルシウムですが、乳製品はアレルギーを心配される方もおられると思います。しかし、乳製品を摂取しても産まれてくる赤ちゃんがアレルギーになるということはありませんので問題ありません。乳製品が好きな妊婦さんは積極的に摂取してください。ただし過剰摂取をするとカルシウム血症と呼ばれる病気になることがありますので一日2500mg以内を目安に摂りましょう。

乳製品が苦手な方は

牛乳やチーズなど乳製品がどうしても苦手な妊婦さんは少なからずいらっしゃると思います。その場合はどのようにカルシウムを摂取したらよいでしょうか。カルシウムは乳製品以外でも、小魚、干しえび、大豆製品、小松菜やモロヘイヤ、海藻に多く含まれています。乳製品で摂れなくても他の食材でカバーすれば大丈夫ですので、できるだけ食事の中でカルシウムを摂取できるといいです。また、しらすや鮭など魚類に多く含まれるビタミンDや乳糖を組み合わせると、より吸収率がアップします。妊娠後期ではマグネシウムをプラスすることによって骨や歯を形成するのを強化してくれます。妊娠中はつわりなど積極的に食べられない時期もあります。食べられるときに無理せず摂れるとよいです。